人材紹介会社からの4つの雇用パターン

4つの転職方法

今や業種を問わず、インターネットを使って転職先を探さないという人の方が珍しいかもしれませんが、転職または派遣会社に登録し仕事を探す方法はひとつではありません。

大きく分けると4つのタイプがあります。

 ① 転職サイトから直接応募

転職サイトを使った場合に一番思いつく方法がこの直接応募という方法ではないでしょうか。

転職の話をすすめるスピードが早いということが特徴です。またウェブ応募形式を最初にとっている転職サイトですと、履歴書を送らずに面接ができるか否かがすぐわかるので、なるべく早く転職先を確保したいという方にオススメです。

勤務形態や給与についても自分で交渉したいという方はこれがベストかもしれません。

まずはサイトに登録し条件の合う案件を探してみましょう。

 

② コーディネーターのサポート方式

コーディネーター希望の施設と求職者本人の間に転職サイト運営側のコーディネーターが間に入って橋渡しをしてくれます。給与面や働き方や仕事内容等交渉しづらい内容のことを代わりに交渉してくれるというありがたい存在でもあります。

特に人間関係を理由に転職するという方は多く、その心配を解消したいという部分も多くあると思います。それを改善できる職場に行きたい等という質問はしづらいものがあります。

このような質問は特に間にコーディネーターに入ってもらうのが無難です。

コーディネーターとのやりとりができるのはウェブサイトに登録した後、コーディネーターとの面接後等転職サイトの運営状況により様々です。中には看護師経験者のコーディネーターも在籍している場合もありますので、運営サイトに問い合わせてみるのもいいかと思います。

ききづらい質問や交渉はコーディネーターにお任せしましょう。

 

 ③ スカウト方式

スカウト求職者本人の登録状況を公開にしておくことで、逆指名の様なシステムで施設側からのお誘いがくることもあります。

自分で求職活動を積極的にせずとも、登録しておくだけでメールが届きます。

スカウトを受けることがでても求職者本人は改めて面接を受ける必要がありますが、希望の条件が合えば転職が成功する可能性は高いと言えます。

スカウト形式は必ずしも受ける必要はありません。

 

 ④ 派遣方式

派遣職者本人は自分の働きたい条件を登録します。登録状況を参考に派遣会社が条件に合う案件を紹介してくれます。

一般的には他の転職方式よりは時間の融通等でかなりフレキスブルに希望がかなう事が多いと言われています。

子育てや自分の時間、結婚等で自分の時間や環境に融通を効かせたい。

 

転職方法とその設計

転職方法は大きく分けるとこの様に4つに分けられますが、お仕事紹介会社運営側がこの転職方法の一部を扱っていたり、全てのサービスをしていたりと様々です。

求職者としてベストである転職方法はこれらの方法を全て使う事が一番良い方法でしょう。

その中の判断の重要なポイントととなるのが時間です。

転職までの期間が長いのか短いのか、また忙しくて転職活動がうまく回らないという方はコーディネーターに相談しスケジュールを立ててもらうという手段が有効です。

また大きく分かれるところが、派遣にするかしないかというところもポイントとなります。その辺もプロに相談することで最良の選択ができるようにサポートしてもらうといいでしょう。

時間を有効に全ての方法を上手に使いこなしましょう。

【看護師転職サイト】
データと評判でランキング!
比較総合ランキング

看護師の求人がみつかりやすい転職サイトをデータと評判でランキング、
常勤、正社員部門と短期、単発派遣部門に分けて格付けしてます。 看護師転職サイトランキング

(2020年 11月版)
データと評判でランキング!
【看護師転職サイト】比較総合ランキング

転職サイト選びにご参考ください。