希望している病院が募集していない、採用枠がない時に面接を受ける方法

『どうしても働きたい職場、科、病院がある』といった場合、その病院が現時点で採用していないとします。

そんな時のお役立ち転職方法です。

どうしても入職したいという希望の病院があるがタイミングが合わずに入職できないという場合に一番有効な手段は募集定員に空きがでたらすぐに連絡を貰えるような環境を整えるということです。

smf

人員の入れ替わりが全く起こらない病院とはありません。結婚や出産、といった事情で退職したりといった場合に必ず職員の募集をしなければなりません。そういった場合のタイミングを予め連絡を貰えるようにしておくということです。

ハローワークの様なところから連絡を受けるのは難しいですが、人材紹介会社等に指定の病院に人員の空き募集がでたら連絡をもらい話を進めるということは可能です。

つまりチャンスの時にいち早く連絡してもらうのです。人材紹介会社のは情報が入ってくるのが早いので、その連絡をいち早く手に入れることができます。

採用される確率をできるだけ上げる

また採用される可能性をあげるためにも、待っている間にどの様なスキルや条件が要求されるかを予め教えてもらっておくのも方法の一つです。募集がでるまでの間は他の仕事を続けて待機しなければなりませんが、面接までの時間を準備時間に当てることもできます。

複数の人材紹介会社に登録

いくら求人あ空くタイミングを待とうと思っていても、人材紹介会社がそのタイミングに100%情報が入る保証はありません。そこで連絡を貰える可能性を高くするために、複数の人材紹介会社に登録しておきましょう。

【看護師転職サイト】
データと評判でランキング!
比較総合ランキング

看護師の求人がみつかりやすい転職サイトをデータと評判でランキング、
常勤、正社員部門と短期、単発派遣部門に分けて格付けしてます。 看護師転職サイトランキング

(2020年 9月版)
データと評判でランキング!
【看護師転職サイト】比較総合ランキング

転職サイト選びにご参考ください。