薬剤師ダブルワーク【派遣やパート】の求人例についてまとめました、時給や収入もシュミレーション

薬剤師のダブルワーク

薬剤師のダブルワークについてまとめました

薬剤師のダブルワークパターン例

週1ダブルワーク

一週間の休み2日の内、1日にダブルワークを入れるパターンです。

週1ダブルワーク

例えば、

月 火 水 木 金  

正 正 正 正 正  

週一回、月に4回の出勤で56,000円の月収がプラスになります。

土日ダブルワーク

土日ダブルワーク

土日の昼、短時間で働くパターンです。短時間(4時間)ですが、高時給なので効率重視で1日の負担も少ないのが特徴です。

月 火 水 木 金  

正 正 正 正 正  

こちらは¥48,000円の月収がプラスになります。

夜間帯パートダブルワーク

夜間帯パートダブルワーク

夜間限定のパートで時間帯も短いですが、時給が高い案件です。仕事終わりにダブルワークをするにはこれくらいが疲れがたまらずに良いかもしれません。

仮に週5平日毎日勤務した場合

月 火 水 木 金 土 日

正 正 正 正 正  休
+ + + + + + +
     休 休

¥210,000のプラス収入となり月20回と回数は多いですが、収入も大幅に増えます。

夜勤のダブルワーク

夜勤のダブルワーク

夜勤の調剤薬局のダブルワーク例です。夜間ではなく夜勤ですので、20:00~翌8:00(休憩1.5H)、実働時間は11.5時間。

時給換算で2,782円となります。効率よくまとめて働きたいという人に向いています。

ただし生活のリズムがずれやすいのがデメリットです。またダブルワークではなくこの様な夜勤のみを週2~3日で働くのが好きな薬剤師さんもいます。

一人薬剤師のダブルワーク求人

一人薬剤師のダブルワーク求人

ダブルワークでもあまり気を使いたくないという人におすすめなのが、ダブルワークOKの1人薬剤師求人です。業務が経験したことのある内容であれば尚安心して働くことができるので、何が求められていいるかをチェックしましょう。

在宅のダブルワーク求人

在宅のダブルワーク求人

在宅のダブルワーク求人の例です。週5日3時間勤務で働いたとしますと¥120,000ほどの収入になります。

薬剤師のダブルワークは
未経験・ブランクでも大丈夫か

薬剤師のダブルワークは 未経験・ブランクでも大丈夫か

ブランクが空いていたり未経験分野の科だとしっかりと働けるのか不安になります。

未経験やブランクでも全く問題ありませんという職場、経験者を受け入れたいという職場が混在しますので、この辺りの調整は転職エージェントや派遣の担当者に調整をしてもらいましょう。

薬剤師ダブルワーク求人は
どこで探すのがベストか

薬剤師の派遣やパートの求人を探すにはファルマスタッフが選択肢も多く、また福利厚生についても相談ができますのでおすすめです。

ファルマスタッフはこちらの記事でも詳しく紹介しています。