薬剤師ドラッグストア求人は【匿名調査】が必須、転職サイトの使い方!

薬剤師ドラッグストア求人は【匿名調査】が必須、転職サイトの使い方!

drugstore_chouzai

ドラッグストアは大衆的な医薬品販売を行う業務が多くなります。しかしドラッグストア業界でも調剤業務を含む一角が店舗内にも設けられ、調剤を行う店舗も増えてきました。

住んでいる地域やドラッグストアの業務にも興味がある等の理由でドラッグストア勤務希望であるけれど、調剤業務がやりたいという方は採用時の時点から調剤業務に携わる事ができるかをチェックしておくことが重要となります。

ドラッグストアによって担当配分シフトは様々

ドラッグストアというのもドラッグストアの中には

  • 大衆薬の販売と調剤業務の担当が分かれている
  • 大衆薬の販売と調剤業務の担当は交代制

というところがあるからです。この割合はドラッグストア内での処方箋の枚数や忙しさ、業務内容の分布にも依存して役割が決まるため、採用時の事前確認が重要にもなります。

確認の方法としては?

  1. 匿名で問い合わせする
  2. 面接時に確認する
  3. 転職系サイトの担当者に情報を集めてもらう

等がありますが、1、2は採否に影響を与える事への不安が残ります。転職系サイトの担当者であれば事前に情報を持っているか若しくは匿名で問い合わせして貰えるという事もありますので間に入って貰うのも1つの方法としてはオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です