ラウンダー薬剤師未経験からエリアマネージャーへ【高収入】求人募集はどの転職サイトで探せばよいのか

ラウンダー薬剤師の募集が【高収入】な理由、求人はどの転職サイトで探せばよいのか

今回はスキルアップ、高収入、やりがいの3本柱を叶えることができるラウンダー薬剤師の条件とその求人の探し方、実際の収入について解説していきます。

ラウンダー薬剤師とは

ラウンダー薬剤師とは複数店舗を掛け持ちし業務を行う薬剤師の働き方をのことです。

例えば

・「鈴木さんが有給を申請しているのでその期間欠員補充できてほしい」
・「退職してから次の人がみつかるまで助けてほしい」
・「市島さんが急病で本日休み、代打がそばで見つからないのでお願い」
・「どうしても忙しくなってしまう土日に手伝ってほしい」

といった様にその店舗への応援、ヘルプに行く様なケースです。

ラウンダー薬剤師

「私はこの働き方合ってる」と思う
ラウンダー薬剤師の口コミ

以下はラウンダー薬剤師になってよかったなという人の口コミを集めました。

・「同じ場所にいるとどうしても飽きてしまう。」
・「処方箋の対応力の幅が広がる。スキルアップにはかなり向いている。」
・「人間関係である程度の距離感を保って働き人たい人に最適。」
・「多くの人と交流は結構好きなので楽しい。」
・「応援やヘルプは感謝されるのやりがいがある。」

適度な人間関係の距離を保つことができ、年収が高いので「頑張りがいがとてもある」と評判の良い働きかたです。

選ぶ時の注意点

以下はラウンダー薬剤師の求人を検討するときの注意点です。

・「ラウンダー薬剤師としてスキルが合致するかは転職担当者に十分相談したほうが良い。」
・「通勤手段が複数になる可能性がある。求人によっては免許の有無も確認。」
・「転職先の店舗情報を複数チェック、人材、人員の配置も聞いておいたほうが良い。」

ラウンダー薬剤師として活躍できるかは対応できる処方箋の範囲に応じて広がっていきます。もちろんパーフェクトなスキルや網羅的な対応力は必要ありませんが、自分の経験やスキルをどこまですり合わせできるか事前に十分相談する必要がりそうです。

また別々の店舗に通勤するので、通勤手段がマチマチになります。(運転免許が必要かもきいておきましょう。)

一つの店舗に毎回通勤するのとは違い、複数店舗の環境を知る必要があります。全体的な企業風土や人材不足状況は把握しておく必要がありそうです。

未経験可から始める事ができる

※参考:薬剤師転職サイトファルマスタッフの求人から

ラウンダー薬剤師は幅広い対応力が求められると言われますと未経験者はそもそもエントリーができないのかと思ってしまいますが、そんなことはありません。すべてのラウンダー薬剤師はもともとラウンダー薬剤師ではなかった人です。ラウンダー薬剤師をはじめられるのか、まだスキルが足りないのか目標設定の意味も含めて相談してみることが一歩です。

高収入参考目安、
ラウンダー薬剤師3求人を調査

年収の参考目安
一般薬剤師 ~450万円~
管理薬剤師 ~600万円~
ラウンダー薬剤師
(未経験)
550万円~
ラウンダー薬剤師
(経験者)
600万円~700万円~
ラウンダー薬剤師
(エリアマネージャー)
700万円~1000万円~

収入の参考目安です。ラウンダー薬剤師の年収は薬剤師の中で高く、大まかですが、賃金の目安は

未経験 < 経験者 < エリアマネージャー兼務

の順に上がっていきます。

未経験 550万円前後から
経験者 600万円前後から
エリアマネージャー兼務 700万円から中には1000万円を超える求人(1200万円)もあります。

1000万円超えのラウンダー薬剤師求人

その他、派遣、契約社員、パートアルバイトの様な雇用形態で働いているひともいます。

 

 少ないラウンダー薬剤師求人の検索結果と薬剤師転職サイト

大手薬剤師転職サイトファルマスタッフ(常時50000件前後)でラウンダー薬剤師の求人を実際にさがしてみました。掲載されている求人はわずか74件。実はそこまで多くありません。。地域で74件ヒットすれば十分なのですが、全国で74件なので薬剤師の求人募集の中では少ない方と言わざるを得ません。

希少な案件は特にサイト掲されることが少なくなります。そのためラウンダー薬剤師の求人は複数転職サイトに登録しその後エージェントに直接紹介してもらうのが最も効率的です。

薬剤師ラウンダーが見つかりやすい転職サイトは、当記事でも紹介しているファルマスタッフマイナビ薬剤師薬キャリの3サイトがおすすめです。

ラウンダーからラウンダーへ将来的にもキャリアアップしやすい

ラウンダー薬剤師を1回でも経験すると、その後転職し他の企業に移るときも心理的負担が減ります。(ラウンダー薬剤師 ⇒ ラウンダー薬剤師)年収が高く需要がありますので、将来的にもキャリアアップしやすい選択肢として人気があります。