薬剤師の求人情報はハローワークかそれとも求人サイトか

薬剤師の求人情報はハローワークかそれとも求人サイトか

薬剤師求人検索 ⇒ ハローワーク or 求人サイト

求職活動をする場合に一つ迷うのが、インターネット上で検索ができる求人サイトにすべきかそれとも求人サイトにするべきかという点です。まず確認しておきたいところですが、転職活動や求職活動の最大の目的は将来的にも長期的にも給与面や待遇面自分がここを選んで良かったという勤務場所を見つける事という事です。

求職活動の時間効率を考えて行動をするメリット

ハローワークのデメリット >>

  • 遠方の情報を集める事に関しては向いていない
  • 事業所に行くまでの労力がかかる

ハローワークのメリット >>

  • 公共の事業所という事からの安心感がある
  • 地域によっては求人の選択肢も豊富

ハローワークの求人情報はどちらかというとその地域の情報が集まる傾向が強くあります。つまり引っ越し等で遠くの地域の情報を集めたいという時には向いていません。また情報をあつめる事に関してはどうしても、そのハローワークの事業所に足を運ばなくてはならないという労力面でのデメリットもあります。

それに対して求人サイトは全国規模の求人を確認でき労力も人材紹介会社の人がサポートしてくれるという点からハローワークで求職活動をする事と比較しますとそれほど労力がかかりません。

求職活動は将来を決める大切な分岐点にもなりますので、労力がかからないという点だけで選択をするということ自体があまり良いスタンスではありませんが、効率的に行動することでより多くの情報をから自分にあった職場を選択することができます。

求職活動の時間配分は求人案件情報の深堀りに使う

自分の気に入った求人案件に関しましては、そのお店の雰囲気や従業員の働き方、または通通勤経路といった部分もなるべくチェックしておきたいところです。しかし溢れる求人案件情報から優先順位を付けなければなりませんので出来る限り現場の情報やその職場についての情報を深く掘り下げる情報収集の時間を残して置くこともポイントとなります。

特にドラッグストア等の大手チェーンの中には人件費を削る事が企業風土となってしまているという危険もあります。そのようなブラックな環境ではないのかという点は求人情報の勤務時間や待遇だけではまずわかりません。

ハローワークのメリットと時間の使い方

ハローワークを使うに越したことはないのですが、一つ考えておきたい事は時間があまりなかったりその求人情報の深堀りをしたいという時にはあまり向いているとはいえません。多くの求人情報でハローワークの求人案件の方が自分に結局あっていたという可能性は必ず残ります。

しかし優先順位的にはハローワークを利用する事が後の方が効率的に情報を整理することができます。余った時間でハローワークでの求人を探すという観点からもアプローチシてみるという方法が最も効率的ではないかと思います。