薬剤師求人サイトの個人情報の保護は大丈夫か?

薬剤師の求人情報はハローワークかそれとも求人サイトか

昨今では個人情報が漏れるという事件が多いので求人サイト等に登録した場合の安全性も少し心配という人も中には多いかもしれません。薬剤師の求人サイトに限った話ではありませんが個人情報を預ける求職者の身としてはできるかぎり安全な求人サイトを利用したいというところでもあります。

100%安全といえる求人サイトを見つける事はできないかもしれませんが、安全性高い評価基準といったポイントはあります。

出来る限り安全性が高い求人サイトを見抜くポイント

  1. プライバシーマークがあるか
  2. 大手求人サイト
  3. 複数の業界の求人紹介をしている
  4. キャリアが長い

求人サイトを利用する上で一つポイントとなるのが、プライバシーマークというものです。このプライバシーマークは第3者機関である一般財団法人日本情報経済社会推進協会 プライバシーマーク推進センターが管理していて、あるい一定基準を満たしていない限り審査が通りません。

実際に調べてみると求人サイトの中でもこのプライバシーマークがある人材紹介会社とプライバシーマークが無い人材紹介が混在しています。プライバシーマークを取得できている求人サイトは概ね会社設立が2000年以前からとキャリアも長く大手である可能性が高い会社とも言えます。

多業種の人材紹介サービスをしている会社

また薬剤師の限らず、看護師や医師医療業界を超えて多業種の人材紹介サービスを提供している会社は殆どのところでプライバシーマークを取得できいています。どれか一つの業種に関してでも安全性に問題があれば芋づる式に評判が悪くなるというリスクを抱えているためにそれに関する危機管理も進歩してると言えます。

その一方でまだ駆け出しといった会社設立から2、3年の運営期間しか経っていないという会社ではプライバシーマーク取得が未だないという会社もあります。当サイトでオススメしている求人サイトではプライバシーマークがある人材紹介会だけをご紹介していますが、それ以外の求人サイトを利用する際には一つこのプライバシーマークがあるか、ないかをチェックしたほうがいいかもしれません。