長崎県の薬剤師求人募集、アルバイト~正社員、短期単発派遣まで

長崎県の薬剤師転職サイトおすすめランキング

長崎県
薬剤師転職サイト

求人案件数比較
ファルマスタッフ 357件
マイナビ薬剤師 278件
薬キャリ 211件
リクナビ薬剤師 373件
薬剤師 WORKER 165件


sagasu 長崎県の薬剤師求人を探す >>

tuucho 長崎県 薬剤師平均年収
581万円 全国第 13 位

nagasaki長崎県は薬剤師の従事者数割合や給与がともに全国平均に近い数値となっています。ドラッグストアチェーンではドラッグセガミやドラッグイレブンといった企業の店舗が多くあります。

ガソリン価格が高く、バス代やタクシー代が全国でもかなり高い水準となっています。通勤手当がどの程度支給されるのかといった点のチェックは、車の場合は注意して確認した方がよさそうです。

また精神病床数も全国比較でも多い方の県となっています。

<< 長崎県の薬剤師分布参考地図 >>

<< 長崎県の人口10万人における薬剤師数 【全国14位】>>
2000年 2006年 2012年
全国平均 112.6人 136.4人 161.3人
長崎県 116.0人 140.4人 160.9人

長崎県の薬局求人分布

長崎県内で特に集中しているのが、長崎電鉄沿線、長崎県庁の周辺、また島原鉄道線沿線や諫早駅周辺といった地域にも多く薬局が点在します。

また202号線や205号線といった沿岸の国道を中心に探してみるというのもいいのではないでしょうか。

市町村名 店舗数割合(%)
長崎市 39.4%
佐世保市 17.6%
島原市 3.4%
諫早市 8.5%
大村市 6.0%
平戸市 1.9%
松浦市 1.2%
対馬市 1.4%
壱岐市 1.8%
五島市 3.1%
西海市 1.0%
雲仙市 2.6%
南島原市 2.1%
西彼杵郡長与町 2.5%
西彼杵郡時津町 2.6%
東彼杵郡東彼杵町 0.3%
東彼杵郡川棚町 1.0%
東彼杵郡波佐見町 1.2%
北松浦郡佐々町 0.9%
南松浦郡新上五島町 1.6%

長崎県の正社員薬剤師求人の探し方

yakkyoku02まずは車通勤になるか、若しくは電車通勤になるのかといったところは大きな1つの選択肢の分かれ目になるかもしれません。他県と違い長崎電鉄沿線が中心となり探せる求人が多くあるのが、そのどちらでも探す事ができるポイントの1つになりそうです。

単純に長崎県内だけでも700件以上ある求人情報が閲覧できる『薬剤師ではたらこ』が求人サイトの中でもオススメとなります。

長崎県のパートアルバイト薬剤師求人の探し方

yakkyoku01

長崎県内でパートやアルバイトを探すという場合には、『薬剤師プロ』を利用するといいでしょう。パートアルバイト専門というわけではありませんが他の求人サイトに比べ比較的パートアルバイトを探すには役にたってくれます。

ポイントとなる車での通勤が可能な求人案件も多く、家賃負担や年収が高額といった案件も探しやすいので、希望の求人に優先順位をつけるに効率的な転職活動ができます。

長崎県の派遣や単発薬剤師求人の探し方

kusuri派遣等の仕事の相談では『ヤクジョブ.com』が良いと思います。ヤクジョブのメリットは長崎本線や佐世保線、大村線、松浦鉄道西九州線といった電車の路線ごとに探す事ができるのでその点もかなり使いやすい情報サイトです。

派遣のみならず、正社員や契約社員、パートといった求人もさがせます。

長崎県のハローワークを利用して薬剤師求人を探す

hellowork現時点長崎県のハローワークは全部で8箇所あります。鹿児島/熊毛(出)/ハローワークかごしまワークプラザ天文館/川内/宮之城(出)/鹿屋/国分/大口(出)/加世田/伊集院/大隅/出水/名瀬/徳之島(分)/指宿

ハローワークに初めて行かれるという人は大抵はハローワークの利用を開始するために、初期登録が始めにあります。総合案内の様なブースでまずは初期登録を済ませるという手順から入るといいでしょう。

医師が多い長崎県、医師と薬剤師の連携、そして企業理念をしっかりとチェックする

drug

長崎県の男性医師数は2010年の時点で全国で最も人口比率換算で多い県となっています。直接的には関係の無い事かもしれませんが、薬剤師と医師の連携がどのようにうかく機能するかというのは先進国での医療サービスにおいて大きな役割を果たす様ですというのも

『医薬分業は、世界の先進国ではほとんどの国が実施しており、長い歴史を持っています。わが国の医薬分業制度は昭和31年4月の「医師法、歯科医師法、薬剤師法のー部を改正する法律」施行されたことにより、法律上で制度化されました。

ところが、日本の医療のあり方は、医師が診察と投薬することが習慣として定着していたため、分業が制度化されたものの、なかなか進みませんでした。しかし医薬分業は年々進展し、現在では50%を超えています。』

と医薬をわざわざ分業させる事における事から患者さんにおける医療サービスがかなり重要なポイントになるそうです。また医薬分業のメリットととしては、
『医薬分業の良い点は、患者さんは保険薬局で十分な薬の説明や服薬指導が受けられ、納得して服用するこ亡ができることです。薬歴管理により、重復投与や相互作用による副作用を未然に防止し、安全な使用が確保できます。

医師と薬剤師により、別の立場から処方の内容がチエックされるので、薬に対する安全性が増します。薬の専門家である薬剤師が医藥品を管理することで、その安全性および有効性のー層の確保が期待できるのです。

医薬分業のメリットがさらに広く受け入ねられ、保険薬局が医療機関から交付された処方せんをいつでも安心して持って行くことができ、薬の服用方法や注意事項などの適切な助言を受けられる「かかりつけ薬局」として機能していけば、今後さらに医薬分業の普及 ・ 定着にっなかってきます。』

かかりつけの薬局となれば、その患者さんの一生のお付き合いとなる薬局も数多くあると思います。このような事から求人を選択するときにもその企業の理念といった項目にも目をやり、服薬に対する説明責任の負い方等に気を配りながら職場を探すという視点も大切かもしれません。

全国都道府県別
薬剤師求人の探し方

北海道 青森県 岩手県 宮城県
秋田県 山形県 福島県 茨城県
栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県
東京都 神奈川県 新潟県 富山県
石川県 福井県 山梨県 長野県
岐阜県 静岡県 愛知県 三重県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県
奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県
岡山県 広島県 山口県 徳島県
香川県 愛媛県 高知県 福岡県
佐賀県 長崎県 熊本県 大分県
宮崎県 鹿児島県 沖縄県