転職してはいけない【人間関係&価値観の相違&ブラック企業】の薬剤師求人

転職してはいけない【人間関係&価値観の相違&ブラック企業】の薬剤師求人

チームワークより大切な倫理的価値観

企業倫理が重要つまるところ良い薬剤師求人だったか・・・という部分は働き始めて初めてわかるという事は否めません。求人とは企業が出すもので、企業間の激しい競争の中一緒に戦ってくれ、且つその戦いに役立ってくれる人間をいかに探すかという作業です。そのためにはチームワークが要となり、人間関係も円滑に運べる人材が必要になり、入社後の振る舞いがカギになります。

しかしその中でも最も入っては行けない企業とは、それを盾にデータの改ざん等を求めてくる企業でしょう。人間関係を重視するあまり、会社幹部から命令を受ける立場であってもこの様なケースでは言いなりになってはいけません。

もし自分が管理薬剤師等の立場にいれば法的責任を問われるという事態にもなりかねません。

それでもわからない薬剤師求人

薬剤師求人で迷う問題はその様な企業が入社前に把握する事ができないというところです。

安心できるなと思った企業が実社会で晒されるというのは昨今でもよくニュースで目にします。やれることは出来る限りの情報を集め変な噂がある様な企業は少しでも警戒心をもって就職活動をするという事になります。

どうしてもという時は転職を視野に入れて対処する

ニュースになっている過去の実例とともに、薬剤師同士でのネットワークや噂で気になる事を参考にするまた四季報の離職率を参考にするのも手段の1つです。

それでも入職後価値観に合わない企業に入職してしまったという場合には転職という手段を残しておくといいでしょう。